【広告】

遺伝子検査を受けてみて ~自分を知る旅~

こんにちは。最近よく耳にする遺伝子検査。あなたは受けたことはありますか?

個人でも手軽に受けられるような遺伝子検査キットが、ネットでいろいろ

出てきていますね。

 

自分のカラダのことって、案外と自分ではわかっていないものです。

 

遺伝子検査は手っ取り早く、自分をよく知るチャンスを与えてくれます。

 

私は海外機関の遺伝子検査を2カ月前に受けて、 やっとその検査結果が手元に

届きました。 A4サイズで22ページ。 読むのが大変です。

 

今回は検査がどんなものだったのかを記事にしました。

 

f:id:what-rich-life:20190819233551j:plain

 

 

遺伝子検査はどうやってするの?

 

まず、遺伝子検査用のキットというものを手に入れます。ネット通販で手に入れる

こともできますが、私は自分の仕事関係先が遺伝子検査をしているので(後述します)、それを利用しました。

 

遺伝子検査キットには長い綿棒が2本入っていました。棒の先の綿体は片側だけに

ついています。

 

f:id:what-rich-life:20190819233939j:plain


 

この綿体をどこにも触れないようにして、自分の口の中にいれ、

頬の内側をまんべんなく綿体の全面にこすりつけます。

 

2本とも同じことをします。そして採取してから5分間乾かします。

(写真の状態で乾かしました。)

その後、検査機関の指定の封筒に入れます。

 

その後は、「48時間以内に遺伝子検査をする研究所に届けるように」という

指示があったので、すぐ郵便局に持ち込み、EMSを使って海外の研究所に

送りました。

 

その検査機関の研究所は世界に数か所ありますが、日本からは香港の研究所に

送るように、とのことでした。

 

日本から香港へのEMSだと、相手に届くまでにはだいたい4日ほどかかるようです。(友人も同様にEMSを日本から送って、やはり4日かかったそうです)

 

先方到着までに軽く48時間は越えてしまいましたが、検査自体にはあまり問題は

なかったようです。きちんと検査結果が出てきましたから。

 

そして2カ月した頃、検査結果をPDFファイルで受け取りました。受け取った

ものは英語でも、日本語でも、どちらでも読めるように変換できる便利なものでした。

 

ただ、説明文に多少医療用語が入っていて、難しくてわからない言葉があったので、

こちらはネット検索をかけながら読みました。

 

今は何でもネット検索で知ることができるので、本当に便利です。 

 

遺伝子検査結果でどんなことがわかるの?(私の場合)

 

今回の検査結果は、大きく分けて自分の体質、栄養素の取り方、食品の選択、

ビタミンとサプリメント、エクササイズの方法などが書かれていました。

 

私は高血圧症ですが、そのことも指摘されていて、対処方法も書かれていました。

同じ脂肪でも、体に合う、合わないがあることを知り、今後の台所での調理方法

にも取り入れていこうと思います。

 

具体的な内容を一部載せますと、以下の通りです。

 

 

1日のたんぱく質は35%まで

毎日のカロリー摂取の割合で、主要なたんぱく質、炭水化物、脂肪が

35%、45%、20%が理想的な数字と出ました。

からだの組織や器官を健全に修復し、引き締まった筋肉を作り、安定して

エネルギーを出し続けるにはこの割合が私にとって最適なんだそうです。

 

私は最近ジム通いをしているので、たんぱく質の取り方には気を付けはじめていて、

鳥むね肉、納豆、鮭、などなど、ジムのコーチのアドバイスもあって知っていたので、検査結果がおおむね同様のことを示していて満足しました。

 

でも油については、オリーブ油の主成分のオレイン酸は、私にとっては「体重増加

リスクが高い」ものになるんだそうで、これには驚きました。

 

オリーブ油はすごくカラダに良いといわれ、万人に良いとされるものですよね?

 

この数年はオリーブ油をメインに調理していたので、とても衝撃でした。

だから痩せなかったのかな~?? 笑

 

一方で、アマニ油やひまわり油、ごま油の方が私のカラダには合うようです。

 

 

f:id:what-rich-life:20190820172906j:plain

 

また、哀しいことに満腹感を感じにくい遺伝子なんだそうです。

やれやれ、私は食事を7~8分目に抑えていたつもりですが、これは案外皆様の

「満腹!」に匹敵する量を食べていたのかもしれませんね。 笑

 

 

 

ビタミンDが不足しやすい

 

若い頃にいろいろな海に行ってたくさん遊んで背中にシミを作ってしまった私は、

日焼けを大敵と考え、結婚して家庭に入ってからは子供と公園で遊んだり、買い物

に行くときなどの外出時は、がっつり長い手袋をして帽子をしっかりかぶり、完全

防備で外出していました。

 

ところがビタミンDが不足しやすい体質とのことで、1日20分の日光浴を検査結果で

提案されてしまいました。

 

食事だけでビタミンDをとるよりも、日光浴で紫外線を浴びたほうが、体内での

ビタミンD生成に有効なのですね。

 

ビタミンDは骨の育成にはもちろん、最近では一部のがん予防にもなると言われて

います。

 

私は足指を骨折したことがあるので、紫外線は浴びたほうがよさそうです。

 

f:id:what-rich-life:20190820173050j:plain

 

そんなわけで覚悟を決めてこの夏は防備を緩めて海に行きました! 

 

だけどもさっそく日焼けして、少々顔や肩や足の肌がヒリヒリと痛くなりました💦

 

日光浴は徐々に、ゆるい夕方の日差しから始めたほうが良さそうですね。

あと、手の平に紫外線を浴びる方法も良さそうです。

 

 

高血圧リスクが高い

 

私はすでに高血圧症で、昨年から降圧剤を飲むようになりました。

そして私の祖母は昔、高血圧から脳梗塞でたおれ、半身不随になって亡くなりました。

 

自分が高血圧症になったのは血筋なんだろうなと思っていました。でもこれは

急に発症したような気がしました。なぜなら、毎年健康診断では低血圧と出ていて、

高血圧発症の半年前の健診の時も同様だったからです。

 

遺伝子検査結果に高血圧症のことが出てきたときは、やはり、という思いと、 

もっと早くに知っていれば、高血圧症になることを先延ばしにできたかも

しれないなという、ちょっと残念な気持ちでした。

 

私は6年ほどホットヨガをやっていて、それが日常生活の中で最も好きなことの

ひとつだったので、高血圧症になってしまってお医者さんにホットヨガをやめた

ほうがいいと言われたときは、とても悲しかったのです。

 

 

ちょっとおもしろい食事法

 

遺伝子検査結果が紹介してくれた、おもしろい食事法がありましたのでご紹介

します。

 

満腹感を感じることを早めるために、「食前にリンゴを1個食べて水を1杯飲んで

から食事をする」。

あるいは「時間と速度を一定にして食べる」というものがありました。

 

リンゴを毎回食前に食べるのは大変なので、炭酸水を1杯飲んでから食べたり、

お酢漬けのキャベツをちょっと食べてから食事を始めたりしています。

 

それから、「毎朝目覚めてから15分以内に、半分に切ったレモンの絞り汁をカップ

2杯のぬるま湯に入れて混ぜたものを飲むと、必須ビタミンやミネラルなど、体に

不可欠な栄養素が摂れ、前夜からたまっている毒素を出してくれる」とのことでした。

 

f:id:what-rich-life:20190820172948j:plain

 

まとめ

 

遺伝子検査は早ければ早いほど、自分の体の弱点を知って補ってあげることができ、

健康なカラダ作りの近道になると思います。検査は一生に一度でいいのですから。

 

ヨガや食事療法などの体に良いとされるものにプラスして、これからは遺伝子検査も

組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ところで、この遺伝子検査と、毎日の自分の生体データで健康を守るシステムがあるのをご存じですか?

 

世界でも類を見ない海外企業のシステムで、人工知能を使います。

 

2019/8/18の記事「ウェアラブル革命は始まっていた!?手首につけるウェアラブル

端末が必需品になる日」と合わせて読んでいただけると、もう少しお分かり

いただけるかと思いますが、私はこのシステムを広めることを仕事にしています。

 

www.rich-life58.com

 

そして私はこのシステムの中にある遺伝子検査を受けました。

 

Zoomというアプリを使ってお話をしていますので、ご興味のある方は

お気軽にお問い合わせくださいネ。

 

(この記事がお役に立てれば幸いです。)