【広告】

1日100円の金利がつく!?トルコリラFXは本当にお得なのか?

こんにちは!

今回は高金利通貨で有名なトルコリラをFXで買ったとしたら、現在のところ1日100円以上の金利がつくというお話です。

 

金利はおいしいけど、為替なので価格が下がってしまうのがこわいところですね。

実際はどうなんでしょうか?

f:id:what-rich-life:20190307004554j:plain

 

よく知らないままに金融商品は買わないほうがいい

私は2014年に大手証券会社の営業担当者に紹介されて、トルコリラ建て債券の投資信託を購入したことがあります。

 

ところがしばらくしてからトルコ政変(2016年のクーデター未遂事件)がおこってしまい、トルコリラがどんどん下がっていってしまいました。 

 

f:id:what-rich-life:20190307002122j:plain

 トルコリラ 週足チャート SBI証券より)

 

バカなことに自分の保有している投資信託とそのことがすぐには頭の中で結びつかなかったので、気がづいたときにはどうしていいかわからないほど投資信託の基準価格は値下がりしていました。そしてそれをそのまま保有し続けました。

 

結局その投資信託が償還された2018年秋には、当初の投資金額の半額で戻ってくることになってしまいました。しかも償還時にはトルコリラMRFに戻ってきたので、しばらく塩漬けにしておくという苦い経験となりました。

 

その投資信託を購入した当初は、営業担当者の説明によると、

トルコリラは高金利通貨でこの投資信託では年2回のいい金利がつきます。このところトルコリラの価格は下落していたけれども、そろそろ上昇に転じそうなのでトルコリラ建て債券を買いませんか?」というお話でした。

 

「いい金利がつく」というところに意識がいってしまいました。すすめられる金融商品をよく理解しないで買ってはいけませんね。

 

その後の政変でトルコリラが大きく下がったときに、その投資信託をすぐ売却するなり、ほかのものに乗り換えたり、今思えば何かできることはあったかもしれません。ですが当時はよくわかりませんでした。

 

営業担当者からのフォローもなく、ただずるずると値下がりしていく投資信託の価格に、いつか値を戻すだろうとのんきにかまえていたわけです。償還時にまさか投資金額の半額になってしまうとは思いもよりませんでした。

 

トルコリラはいつ底値を打つのか?

後悔先に立たずではありましたが、これをきっかけにトルコリラについて調べるようになりました。為替チャートをよく見るようになり、月足、週足、日足と順番に見て、今どんな状態か、どうなっていきそうかなど考えました。

 

証券会社のMRFに塩漬けにされたトルコリラは、そのままそのMRFに預けていても金利はつかないと言われたので、高金利通貨なのにそれではもったいないなと思いました。

 

どうすればいいか考えて、初めてFXの世界に足を踏み入れることにしました。

 

MRFから出したトルコリラはそのままFX口座に移し入れることはできなかったので、一旦円に換えてから大手証券口座を解約するとともに銀行口座に移して、それから「くりっく365FX」を扱っているネット証券に資金移動しました。

 

普通のFX口座でもよかったのですが、この「くりっく365FX」のほうが金利が少し良かったのです。

 

実際、あるネット証券のFX口座でトルコリラを1ポジション1万通貨を買ってみました。1日で100円の金利でした。しかしもうひとつのネット証券のくりっく365FXだと、その金利が122円だったわけです。

 

もっともこの金利は日々変わるらしいです。ですがトルコリラの場合はくりっく365FXのほうが良さそうに思われました。

 

もしかしたら普通のFX口座の方が売買がしやすく、機動的なのかもしれません。ですが私はFXで頻繁な短期売買はしないで、金利狙いで長期保有をしたいと考えています。それなら少しでも金利が高い方がいいですね。

 

あと、トルコリラは売りから入ると、同じくらいの金利を取られてしまうので要注意です。

 

懸念する点は、トルコリラは高金利通貨とはいえ、ずっとそのまま高金利な状態なのか?ということと、価格はまだまだ下がるのではないか?という2点です。

 

3月末にトルコには大事な統一地方選があります。それに世界情勢で何かのきっかけにトルコリラが影響を受けることも充分考えられます。

 

執筆中の3月6日夜はトルコリラは20.60円あたりまで下落しました。私が1ポジション持った3月4日の20.78円から少しづつ下がってきています。

 

為替チャートを見るとテクニカルでは、月足ではMACDゴールデンクロスしたばかりです。そして移動平均線の5か月線の下に今の価格がもぐってしまっています。ちょっと不安定ですね。

 

油断はできませんが、今のポジションのまま様子を見て、もっと下がればまた1つポジションを増やしたいと思います。

 

 

1ポジションを長期保有する場合の利点は?

私はくりっく365FXで、20.78円で1万通貨(2019/3/4時点)を購入しました。

以下は100万円を口座に入れてから指値で約定したときの状態です。

 

レバレッジは低く、「1」になります。(レバレッジは高くなるほどリスクが上がります。)そして証拠金維持率は11915%となりました。これだと多少価格が下落しても強制ロスカットされないですね。

FXでこわいのは、価格の下落にともなって証拠金維持率が下がってバスっとロスカットされてしまうことです。

 

金利は土曜、日曜もつくようです。そして今のところ1日122円です。

1か月が30日として、122円x30日=3660円 が1か月の金利となります。

1年たったら43920円の金利です。

 

トルコリラが下落した時の考え方ですが、もしも21円から1円下がって20円になったとしたら、損失は1万円です。でも、金利がそのままなら3か月でカバーできますね。

 

つまり金利が変わらないならなら1年後は17円ぐらいで購入したことと同じになります。2年後だと13円ですね。3年後だと9円。長期保有のいいところです。

 

まとめ

多くのFX会社があり、初めはどこに口座を作ろうかと迷いました。私はたまたまネット証券2社に口座を持っていて、そこのFX口座を開いた場合、トルコリラだけを考えて金利のいい方にしました。

 

自分にあったトレードのスタイル、通貨などでいろんなFX口座を比較するといいと思います。

 

投資信託と違ってFXの場合は強制ロスカットというものがあるので、そんな憂き目にあわないで、長期保有できるように資金管理に注意して、少しづつ金利を得ていこうと思います。 

 

(記事がお役に立てれば幸いです。)