【広告】

高血圧にホットヨガは危険!? 症状に気づいたらどうすればいいの?

私は最近高血圧症と診断されてしまいました。そして6年間続けていた大好きなホットヨガを断念することになりました。哀しい出来事でしたが、受け入れるしかありませんでした。

ここではなぜ高血圧症にホットヨガが良くないのかを書いていきます。

  

 

ホットヨガの特徴って?

ホットヨガは室温が35~40度、湿度が55%前後で床も非常に暖かい空間で行われるので

身体がそれほど温まっていなくても筋肉を伸ばしやすく、スジを痛めないでできるものです。

水分を取りながらをたくさん汗をかいて運動するので血の巡りが良くなり、デトックスやストレス解消、そして美肌効果などがあるといわれ、私はそれをすごく実感していました。

   

高血圧症の人がホットヨガをするとどうなる?

私は症状を自覚する少し前から、レッスンを受けている時に軽い頭痛やふらつきを感じることがありました。

はじめは肩こりだと思っていたのですが、次第に血圧異常かもしれないと感じて家電量販店に手首で測る血圧計を買いに行きました。

そして測ってみると、上が160mmHg、下が99mmHgもあったのでびっくりしました。

 

ホットヨガは高温多湿の状況で行われる為、水分補給に十分気をつけなければ血中濃度が高くなって血液がドロドロになり、高血圧を悪化させる原因になります。

私の場合水分補給は充分していたので、他に原因があるのかもしれないと思いました。 

  

高血圧を自覚したらどうすればいいの?

すぐに翌日内科を受診し、血液検査と動脈硬化の検査をすることになりました。 

動脈硬化を調べるには血圧脈波検査というものを受けます。学校で心電図検査というのを受けたことがあるかもしれませんが、それと似ていてベッドに横たわり両手両足にカフ(圧迫帯)を巻いて計ります。5分ぐらいでした。

  

これで血管の硬さと足の血管の詰まりを調べることができます。結果は正常範囲でした。しかし血管の硬さは推定血管年齢が実年齢より7歳上で、脳心血管疾患による10年以内の発生危険度が約1.9%とゼロではなかったので、血管を柔らかく保つ必要があります。

 

血液検査の方は若干コレステロール値だけが高かったのですが、異常というほどではありませんでした。 

 

主治医から毎朝1回飲む降圧剤が処方されました。毎日朝晩血圧を測り、高血圧管理手帳というものに記録を付けるように指導されました。

そして降圧剤は毎回28日分処方されるので、ほぼ1か月に1回この手帳をもって内科を訪れることになりました。

  

ホットヨガのインストラクターにこのことを相談すると、レッスン後に高温の教室を出た時の温度差があるのが良くないと言われ、命にかかわることもあると教えていただき、教室は泣く泣く退会しました。

 

高血圧はサイレントキラーと言われ、自覚症状がないものです。放置しておくと心筋梗塞脳卒中動脈硬化などを助長してある日突然生命を脅かします。自分が高血圧症になったことに「年齢」を意識させられましたが気が付けてよかったと思います。

  

高血圧になぜなるの?

 私は以前は低血圧でした。そして主治医からは高血圧になった原因はわからないと言われました。

標準体型で飲酒は少量、喫煙は無しです。すでに減塩の調味料を使用していましたしストレスも自覚はありませんでした。生活リズムもいたって正常。運動はホットヨガのほかによく歩くということを心がけていたつもりです。

 

ただ、私の母方の血縁者は全員高血圧症で、祖母は高血圧と肥満から脳梗塞を起こし寝たきりになりました。遺伝的体質は確定です。

 

また、高血圧と腎臓は密接な関係があるそうですが、私は出産で腎臓を悪くした時期があり、むくみがたまにあります。

年齢的に女性ホルモンのエストロゲンの減少も理由の1つにあるでしょう。

 

血圧の正しい測り方は?

呼吸を整え、朝晩同じ時間帯に測ります。血圧計のカフを巻き付けた腕や手首などが心臓の高さにくるようにテーブルに着席します。測定値が変わるので姿勢を正してリラックスしてから測定します。

 

血圧を下げるには?

私の主治医からはとにかく塩分を減らしなさいといわれました。食事をするときにいくら減塩のものだからといっても、たくさん食べると結局塩分をとってしまうことになるので注意が必要ですね。

 

また、うどん、そうめん、魚の干物、塩鮭、漬物、ハムやウィンナーなどの塩分が多い加工食品を減らしていきます。インスタント食品もよくないですね。

一方、野菜や果物を多くとります。野菜や果物にはカリウムが豊富で、これは塩分であるナトリウムを体の外に出してくれます

 

あとは適度な運動をして(肥満なら減量して)、ストレスを解消し、アルコールは適量にすることなども大切です。たばこは厳禁ですね。私は主治医からいろいろ教わったし、処方箋を出してくれる薬局で、高血圧症の人向けのパンフレットをいただきました。

 

 

高血圧は治るの?

主治医に高血圧が治るのかどうか聞くと、「う~ん、難しいんじゃないかな」と言われたものの、「でもアナタ次第かな」とも言われました。かなり減塩を徹底するようにと

再度言われました。

 

私の場合初診から1か月後の2回目の診察時に、降圧剤の薬の量が倍に増えました。血圧がまだ高めだったからです。だからこれ以上薬が増えないようにしなくてはなりません。

血はつながっていないですが、親戚で33歳の時に高血圧症になり、今は毎日朝晩2回降圧剤を飲んでいる人がいます。 

 

まとめ

私の母は戦時中食べ物に苦労していたので、食事を残すことを良しとしませんでした。ですから私は食事をきちんと平らげる子供でしたが、高血圧症にはそれはよくないことかもしれません。塩辛いと思った食べ物は、口にするのをやめる勇気が必要ですね。 

 

私は明太子が好きですがさすがに我慢しています。でも、昨日は外食して漬物を食べ、うっかり味噌汁も全部飲んでしまいました。今後は腹八分目を心がけ、塩分控えめ、運動にきちんと取り組むことを実践していきます。

 

(この記事がお役にたてれば幸いです。)