【広告】

マスクが売り切れ! 小学生でも作れる簡単なマスクとは?

こんにちは。


最近の新型コロナウィルスの影響で、ドラッグストアやスーパーの店頭からマスクが売り切れてしまい、入手が困難になっていますね。

 

f:id:what-rich-life:20200215180848j:plain

 

 

政府は2月12日にマスク増産を支援して市場に供給するといっていますが、まだ時間がかかりますし、店頭に出てきてもすぐに売り切れて、自分が購入できるのはまだまだ先になるのではないかなという気がします。

我が家の不織布マスクはまだあと少しありますが、それは家族に使ってもらって、自分用のマスクを作っておこうと思いました。

 

でも、もしも丁寧にマスクを作成するとしたら、型紙から時間をかけて作っている間に店頭でマスクを入手できることになるかもしれません。しかもそんなに丁寧に作ると根気が要りそうですし、ミシンがあったほうがいいですね(うちのミシンは只今不調です 泣)。

 

作成に時間もお金もかからないようにするには、どうしたらいいかな~と考えました。

 

 

 

自分で作るマスク向けにいい材料はないかな?

 

マスクは顔の肌にふれるので、できるだけやさしい肌触りのものがいいですね。

 

バンダナやダブルガーゼでマスクを作る方法もありますが、私は伸び縮みする布にこだわりました。伸縮性がある生地のほうが顔にフィットするので、マスクと肌との間に隙間ができにくいと思ったからです。

 

安上がりで、手ごろで、簡単に、子供でも作れそうなものはないかなあと、100円均一店をうろうろしていると、結構いい材料になりそうなものがありました。

 

 

ひざ用サポーターはマスクに利用できるのか?

 

私が目を付けたのは、ひざ用サポーターです。

色は白、大きさもマスクに向いている、生地が伸縮する、それほどぶ厚くない、糸を通しやすい。

 

これなら、小学生が家庭科で運針縫いを習っていれば、作れそうです。

 

 

材料は以下のとおりです。

 

・ひざ用サポーター(100均店のものは左右2枚入りなので、マスクが2枚作れました♬)

 

・マスクゴム(無ければ、ヘアゴムの細いものか、細いウエストゴムでもOK。
 片耳15~20cm以上必要で、それを両耳分)

 

・やわらかいペーパータオル


 ひざ用サポーターは通気性がとてもいいので、このペーパータオルをマスクの

 大きさに切ってマスクの内側にあてると、ほどよい通気の具合になりますし、化粧

 ファンデや口紅がついても捨てればいいだけなので、気が楽です。

 

・針と糸 (あれば、まち針数本)

 

f:id:what-rich-life:20200215181007j:plain

 

 

 

 

マスクの 作り方

 

ひざ用サポーターを取り出し、横長にして置きます。出来上がりは以下の写真の通りです。

 

f:id:what-rich-life:20200215183023j:plain

 

糸で直線縫いをしたのは片側2か所ずつ、合計4か所です。

片側だけ見てみると、次の写真のとおりです。

 

 

f:id:what-rich-life:20200215184945j:plain



①端から0.5~0.7mm内側をザクザク縫います。これはマスクゴムの直径に合わせた場合なので、ご自身で用意されたゴムの直径や幅に合わせてください。

 

②用意したゴムを①の縫い目より外側にして、ゴムを縫い込まないように布の端を縫います。

 

(①と②を反対にして縫っても大丈夫ですが、ゴムはセットしてから縫った方がゴム紐通しを使わなくて済みます。)

 

以上です。
ゴムを一緒に縫ってしまわないように注意が必要ですが、結構簡単でしょ? 

 

 

やわらかいペーパータオルをはさむワケ

 

市販の不織布のマスクでさえ、ウィルスの侵入を完全に防ぐことはできないといわれています。


この通気性の良いひざ用サポーターではなおさらなのですが、やわらかいペーパータオルを中に挟むことで少しは密着感があります。化粧が着くのを防ぐだけではない効果です。

 

f:id:what-rich-life:20200215212019j:plain

 

そしてこのマスクの大きさも一般のガーゼマスクより大きいので、顔の大きいお父さんでも使えます。

 

外出時にマスクが無いといって不安になるよりは、気休めでもこれを顔につけていればいいかなと私は思いました。

 

 

マスクの中にあてる柔らかいペーパータオルを蛇腹折にしてセロテープやマスキングテープやホッチキスなどで端を留めて固定し、マスクと両面テープでとめると、不織布マスクのような感じになります。

 

f:id:what-rich-life:20200215210929j:plain

 

多少、もこもこした感じはありますが、上端を鼻筋にひっかけると少しは隙間が埋まります。

 

 

私はこのマスクを顔につけて週数回ジムに行きますが、まさかひざ用サポーターとは誰も気づかないようで、驚かれますヨ。笑

 

そろそろ花粉も飛びますし、必要とされる方はどうぞご参考ください。


外出後はこのマスクをすぐ洗って干しますが、とても乾きが早いです♬

 

 

Tシャツ素材のマスクはどうだろうか?

 

家に白いTシャツで着ないものがあれば、これも利用できます。

 

伸び具合、肌への負担、どちらもいい具合です。

 

Tシャツはザクザク切っても、案外布のほつれがないので使いやすいです。

 

ゴムを通すところは、端処理もかねて、両折れタイプのバイアステープを利用するのもありかと思います。

 

ただ、普通のバイアステープが肌にすれて気になる人は、ガーゼのバイアステープの方をおすすめします。

 

また、Tシャツは案外布目が細かいので2つ折りか3つ折りか、ご自身で試してから縫い始めたほうが良さそうです。

 

息苦しく感じるといけないですからね。

 

f:id:what-rich-life:20200215214404j:plain

 

 

 

いろんなウィルスが飛ぶ時期が早く過ぎ去り、安心、安全な生活にすぐにも戻れますように願うばかりです。


みなさま、どうぞお健やかにお過ごしください。



(この記事がお役に立てれば幸いです。)