【広告】

フェイスブックが「ワクチンの情報操作」をしていたことをリークして停職処分になった内部告発者のインタビューを観て思ったこと。

こんにちは。

 

今回はフェイスブックが「ワクチンの情報操作」をしていたことをリークして停職処分になった内部告発者、モルガン・カーマン氏(Morgan Kahmann)氏のインタビュー動画(2021/5/28)を見た私の感想です。

 

 

f:id:what-rich-life:20210528124108j:plain

 

 カーマン氏は同社のデータ・センター技術者で、妻子がいる身でありながら職を失うことよるも、自分の良心に従いたいという気持ちから告発しました。

 

こういう人道的違反にあたる操作が拡大され、他のツイッターやその他SNSに広がることのほうが世界中の人々にとって恐ろしいことだと思ったそうです。

 

停職処分後にすぐ「プロジェクト・ヴェリタス」のインタビューに答えています。

 

今回のインタビュー動画にエリック・コクラン(Eric Cochran)氏が関わっているのが興味深いです。
コクラン氏は2019年6月に当時ピンタレストPinterest)のソフトウェア・エンジニアだったのですが、内部告発しています。

 

そしてこのプロジェクト・ヴェリタスはSNSの検閲や偏向性を監視する組織です。

ミッションステートメントには、「より倫理的で透明性の高い社会を実現するために、公私両機関における汚職、不正行為、自己売買、浪費、詐欺、その他の不正行為を調査し、暴露する。」を掲げています。

すごく頼もしいですね。


今回の英語動画は記事の一番下に貼っておきますので、どうぞご覧ください。

 

以下、感想です。

*****

 

昨年の米国大統領選挙後から何かがおかしいと気が付いた人々は、今どんどん増えて来ていると思います。

 

ツイッターで選挙に関することや現在のワクチンに対して疑問視するようなこと、反対するようなことをズバッとしきりに発言すると、やはりアカウント削除されてしまうようです。

 

YouTubeではすぐバンされる(削除される)というのが起こっています。ひどいとアカウントごと削除。
YouTube動画ってアップロードまでにすごく時間がかかっていると思うんですよね。

 

しかも聞くところによると、最近削除された動画の中には、半年前にまでさかのぼって削除対象になっているそうで、尋常ではない状況です。

 

露骨に書くとバンされるので、皆さん工夫してコロナを567と言ったり、人名には〇をかけたり隠語で話したりしています。

伝える方も大変、聞く方も大変。おかしな状況です。

 

フェイスブックでもよくアカウントが不安定、書き込みができないと聞きますが、そういった方々がワクチン反対者によくあることは、偶然ではないなと今回の動画で思いました。

 

フェイスブックではどうやらユーザーが知らないうちに「VHスコア」と呼ばれるスコアを割り当て、そのスコアに基づいてコメント内容に応じて、コメントを降格させたり、放置したりするそうです。

 

どおりでいつもは3ケタの「いいね」がつく人が、ワクチンに関して真摯に反対しているコメントには2ケタの「いいね」しかついていないという状態になるのですね。

 

ユーザーがワクチンを疑問に思ったり、慎重になったり、接種に反対したり、死亡情報をあげたりするのを避けるために、アルゴリズムテストを行っているそうです。

 

これでは真実を知りたい私達にはSNSからきちんとした情報を得られないばかりか、間違った認識(ワクチンは体にいい、ワクチンは安全だ、ワクチンを打ったほうが良い)を持つことになりかねません。恐ろしいですね。

 

今や地球上の28億人近い人々がフェイスブック関連のアプリ(フェイスブック、インスタグラムなど)を使用しているといわれているので、SNSが人々に与える影響はものすごく大きく、間違った情報を信じてしまう人も多いと思います。

 

まさか自分が見る前に、すでに見ることのできる情報やコンテンツが取捨選択されているとは気が付かないですよね?

 

そしてそういう人々に与える情報を、意識的にコントロールしようとしている人たちが多くこのフェイスブック社にいるとしたら(実際4分の1ぐらいいるようです)??

フェアじゃないですよね!

これらSNSソーシャルメディア・プラットフォームに不信感を抱くのは、私だけではないと思います。

 

今回の動画を貼りますので、どうぞご覧ください。

内部文書もいろいろ出てきますよ。

 

 

www.youtube.com

 

参考:今回のインタビュアー(コクラン氏)に関して

ピンタレストの偏向性と検閲の告発公表した情報サイト、ユーチューブ動画削除やアカウント一時停止に | ロイター

 

 

お読みいただきありがとうございました。記事がお役に立てれば幸いです。